意外と怖い生活習慣病の話

本当は怖い高血圧

高血圧とは

血管にかかる圧力が安静状態で正常値よりも高い状態をいいます。
高血圧は、別名”サイレントキラー”と呼ばれ、知らず知らずのうちに大変な病気に
発展していくことがある怖い疾病です。

脳外科的疾患では、くも膜下出血や、血管解離、脳出血など高血圧が原因の疾病があります。
近年これらの疾病は、降圧剤の進歩により数が減少してきています。が、血圧が高いままだと
重篤な後遺症が出現してしまうもしくは、命が危ぶまれる状態になることが多く注意が必要です。

なぜこんなことを言うかというと、最近外来でよく見る血圧の高い患者さんには
若い方(20~30代)が多く、若いうちの無茶によって、のちにかなりの苦労が強いられて
しまうこともあるからです。

血圧が上がる原因には、遺伝的な疾病や生活習慣、ストレス、心理的なものながあります。
最近の寒暖の差の影響で、血圧が上がりやすくなっている方が多いです。

40代以降の方に注意してほしいことは、若いころは血圧が低かった方でも、年齢がかさむと
突然血圧が上がることがあります。
季節の変わり目には、血圧を測る機会をおおくすることが大切です。

特にサウナ好きな方、頭痛が多い方、動悸がする方、他の生活習慣病を指摘されている方は、
早期に血圧を測り、150超えているようなら近医を受診されることをオススメします。

高血圧と脳疾患

高血圧が直接の原因と言われる脳出血は、降圧剤の開発とともに減少傾向になりました。
しかし、長年の生活習慣病や血圧による血管損傷による動脈硬化などが原因の脳梗塞が
最近台頭してきております。降圧剤は、一生のまないといけない薬ではありません
適切な生活習慣の改善で服薬しないでよい時も来ますし、季節によっては減量も期待できます。
海外のエグゼクティブは、高血圧が脳卒中、心疾患のリスクになることを知っているため、
薬を自分で買って服用しているようです。リスクを知って、
降圧剤を飲んで高血圧を予防することは、大病を予防することにつながります。
まずは、自分の通常の血圧を知りましょう。

最近は、温泉、ショッピングモール、スポーツセンター、ジムなどで測定できます。
運動する方は、運動前と後測ってみてください。
運動前に150超えていたら、その日は、お風呂だけにしてください。
サウナ後の冷水や、筋力トレーニング中の脳出血発症リスクは高いです。

脳出血に限って言えば、寒暖の差もリスクになります。

冬場は、朝のトイレやふろの脱衣所は体が冷えやすいので発生しやすいです。
通常血圧は温かくなると下がる傾向があります。夏に降圧剤をやめられる方も多いです。
でも、6月のつゆ、秋口の寒さなどの時期に、体が冷えると高血圧でやすいので注意が必要です。