頭痛について

怖い頭痛と、怖くない頭痛

頭痛はありふれた病気です。
頭痛のほとんどが、命にかかわらない『怖くない頭痛』ですが、
一部にはほっておくと命に係わる『怖い頭痛』があります。
これを区別することがとても大切です。

怖くない頭痛

筋緊張性頭痛

代表的なものは、『筋緊張性頭痛』『片頭痛』『群発頭痛』などがあります。

肩こりは感じない人が70%ほどいるらしく、頭痛の原因として、肩こりですね。と言われて釈然としない顔をされる方が多くおられますが、肩こりのお薬を一度試された方は、皆さん楽になっています。

肩こりがひどくなる寒暖の差のある時期や、同じ姿勢での業務が長時間続くなどの時に、昼過ぎ当たりからしんどくなりやすく、締め付けられたり、移動したり、重くだるい、下を向いて上を向くとクラっとするなど訴え方が様々なことも特徴の一つです。
最近は、携帯型の道具が進化して、皆さん誰もがその恩恵に触れていると思いますが、使い方によっては、子供の時から頭痛が発症しやすく注意が必要です。
以前は、携帯型ゲーム機などは30分経ったらそろそろ伸びをしませんか?
とかそろそろやめましょうと、アナウンスが入っていました。
最近の携帯や、携帯型ゲーム機は、大人が使うことが多くアナウンスが
ありません。したがって、小児期から肩こりによる頭痛が起こっている
傾向が高いと私は感じます。
対処法の一つは、頭の位置です。
頸椎は、7つの骨が盾につながってます。頭は、体重の1/10の重さだそうです。
荷物を持つときに、腕を伸ばして持つのがきついことはわかりますよね。
真上に持ち上げると楽ですよね。首も同じです。
猫背になったり、前傾姿勢は、肩こりを増長させます。
うたた寝も厳禁です。首を休めるようにして、生活を構築すれば、
筋緊張性頭痛は、予防できると考えます。どうしても我慢ができなくなったら、
通常の売薬でチャレンジしてみてください。
ダメなときは、病院受診すれば、いいお薬をもらえますよ。